韓国ドラマ「アビス」2話のあらすじ・ストーリー・感想・評価【ネタバレあり】

アビス 韓国ドラマ

あらすじ・ストーリー

ミンは説明してもセヨンは信じませんでしたが二人しか知らないエピソードを話していくにつれて、セヨンは少しずつ信じてきましたがまだ現実を受け入れられませんでした。

ミンも混乱していましたがセヨンは「混乱していても自分で確かめる」とジウクに会います。

手を取られた瞬間、殺される瞬間を思い出し意識を失いました。

セヨンを殺した犯人らしき人物は死んだ娘ミジンの仏壇の前で微笑み、血のついたカッターをお供えしていました。

ジウクは小包みを受け取り、その中に入っていた手紙を読んでいました。

ジウクは埋葬が終わったセヨンの墓を掘り起こし遺体がない事に驚きます。

セヨンは自分の墓の前で立ち止まり、犯人を見つけることを誓います。

ジウクはまだ犯人が見つかっておらず、共犯の可能性もあると刑事から報告を受けます。

その頃ミンとセヨンは刑事に足取りを残さないようにクレジットカードは使わず、携帯も新しくし生活する事にします。

ミジンの父親(ギマン)は小包を受け取ります。

その中には血のついた証拠が入っており、「生きてるのか」と確信します。

ミンとセヨンはコンビニの防犯カメラを確認しますがそれらしき人物は写っておりませんでしたが、コンビニの店長に話を聞く事にします。

ミンはナッツとビールしか飲んでいないのにアレルギー症状が出始めました。

生まれ変わるとアレルギーが出る事に気づき、食べ物にも気をつけるようにします。

二人はセヨンの親が経営しているチキン店で寝る事にしました。

ギマンはセヨンが殺された雨の日、ある人物に「娘と同じ苦しみを味わえ」と言い、カッターで殺します。

血のついた証拠とともに「まだ終わっていない」と書いてある手紙を読み、再度カッターを手に取り出かけます。

ジウクに「J」の着信が入ります。

「助けて」と叫びながら声が聞こえますがジウクは平然としたまま。

その女性はセヨンを殺した犯人らしき人物に追いかけられていました。

一方ミンとセヨンはあるタクシーの照会してもらおうと検察にいく途中、おじいさんと検事がぶつかってしまい、書類が散らばっていました。

ふたりは一緒に片付けて、セヨンが生まれ変わった顔がミドだと思い出しました。

ミドの元彼がミンを追いかけている刑事だと知り、タクシーのナンバー照会と頼みます。

そしてギマンのタクシーだと分かり二人はギマンの自宅にたどり着きます。

その頃ギマンはとある自宅で待機していました。

ミンとセヨンはギマンの自宅を調べていて、セヨンが以前調べていた連続殺人鬼が誰かたどり着いていました。

有名な外科医のヨンチョルという男で、ミンがギマンに殺された後アビスでヨンチョルを助けてしまったのを思い出し、ヨンチョルはホームレスのような装いになっていました。

ミンは殺人鬼を助けてしまった事にショックを受けます。ここで第2話は終わりです。

感想・評価

まさかのヨンチョルもアビスで助かっていました。

これからヨンチョルをどのような方法で見つけ出すのか。

そしてジウクとヨンチョルとの関係性も少しずつ見えてくるのではないかなと思いました。

3話も楽しみです!

 

 

3話の記事は、こちらからどうぞ。

韓国ドラマ「アビス」3話のあらすじ・ストーリー・感想・評価【ネタバレあり】
あらすじ・ストーリー刑事はヨンチョルが有力な容疑者だとジウクに報告しますが、ジウクは令状を取るのを躊躇ってしまいます。セヨンはギマンの自宅で証拠を探していると手帳を見つけ、セヨンが殺された日にギマンは「復讐する」と書いてありました。こ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました